虹路 KOMICHI [日中合作舞台芸術・映像作品]
5月 03

絆の写真集 | 2008年5月2日(金)

陳さん作曲『生きてく』のイントロを聴いただけでジンとくる、そんな夜です。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

『生きてく』 作曲: 陳宇鵬 Chen Yupeng / うた: 清水麻紀子 Makiko Shimizu

昨日は本当にお疲れ様でした!
皆さんの数ヶ月に亘る頑張り、しかと心に刻みました。
一生忘れません!素敵な時間をありがとう。
この御礼はホームページのほうでお返ししていきたいと思います。
(まずは稽古&公演の写真を随時アップしていきますので、どうぞお楽しみに♪)

そして私、スタッフの端くれではありますが、ご来場くださった皆様、協賛・助成・後援をいただいた各団体の皆様、報道各社の皆様、当日お手伝いくださったスタッフの皆様に心より深く感謝申し上げます。

p.s.
報道各社の皆様の丁寧な取材ぶりには驚かされました。
「現場の邪魔になることは一切しない」
そして、「待つ」
勉強させていただきました。
今後の人生に役立てさせていただきます。
ありがとうございました。

更新ロボtext & photo by RAINBOT


3月 14

3/7,8,9,10日に無事公演が終了しました。
多くの方々のお陰で、ここまで来る事ができました。
日本でも中国でもマスコミに扱って戴き、
最終日には劇場に入りきらない程の大勢のお客様で(戯劇の劇場があれほどのお客様になった事は異例だそうです)
まさに、大成功でした。
奇跡が奇跡を呼び、でもこの奇跡は多くの汗と涙の上にしか実現しなかった必然でもあるのだと、、、、そんな夢の様な誇らしい最終日でした。

今回の舞台は、内容も良かったという反響も凄いです。
言ってくれてるだけだろうと、ひねくれた事を思っていたのですが、
本当に良かった模様です☆
特に、実際中国で中国の人と一緒に仕事をしている日本人の方からは、
「仕事場で起こっている事と同じで面白かった、共感できた」との事。
また、谷村さんの生徒さん方からも、「感激した」との言葉が届いています。
マスコミ関係者の方々、戯劇学院の先生方からも
「台本も音楽も良かった。その上、この物語の裏側のもう一つの物語にも感動した」との最高の褒め言葉を戴いています。

私としては課題も沢山残った今回の舞台ですが、この点に関しては、素直に受け取り、成功できた喜びをかみ締めようと思います。

私達は自分達の友好の為だけではなく、日中友好の為に、
見に来て戴いたお客様へ、素敵なメッセージがほんのりだけど、残せました。
これぞ大成功だと思います。
夢のようです。皆さん、ありがとうございました!!!
この事は一生忘れません。
これからの私の人生で、また少しずつ少しずつ恩返ししていきます。
本当に本当にありがとうございました!

企画代表 井上明子

井上明子text by INOUE AKIKO


2月 15

本日チラシ刷り上りました。
戯劇の学生、毛毛に一緒についてきてもらって、
印刷屋にもあーだこーだ言って、三時間後・・・完成!!
大満足している井上です。毛毛もありがとう!
机のガラス板に挟み込み、いつも見ています!
そして、このチラシに負けない台本を書こうと思っています。
チラシ作成して戴いたナカジマさん、本当にありがとうございました。
今また、パンフレット作業に入って下さっています。感謝です。

そして、例の中国故事「薔薇の花を与える手には、常にほのかな残り香が漂う」の意味ですが、、
『薔薇の花を渡す(人助けをする)事は、その時は自分が与えた様に感じるけれども、実は自分も薔薇の良い香り(もっと素敵なもの)を得る事ができる』という意味だったそうです。ええ言葉やな☆
しかし、今まで意味取り間違えてた!と(ごめんなさい、台本ちょっと書き換えます)
趙先生に調べて戴きました。ありがとうございます。

で、みんなが上海来てから携帯がいるとジンジーと話したら、
ジンジーが自分の使っていないやつも含め、友達に聞きまくってくれ、
現在計四個集まりました。みんなの安全の為、全部貸してあげるって言ってます。
すげーよ、ジンジー。ありがとう、ジンジー。でもちょっと多い気が・・・。
中国の携帯は、基本使用料とかはなく、電話カードを買えば使った分だけで良いので、携帯を探し出してくれた事に本当に感謝です。これで安心です☆

皆さん、そして私も含め、結構一杯一杯になってきていると思います。
今私達は虹を追いかけているんですね。土砂降りの雨の中です。
ユーミンの言葉は、宣伝美術のナカジマさんが教えて下さいました。
私はいつもナカジマさんの言葉に元気をもらっています。
そして、今戴いたメールに書かれていた事。(勝手に使ってごめんなさい)
「オリンピックを見てて思いました。最後は気合いだなと・・・」
はい、気合いを入れて、虹を追いかけます!!
あと少し、体には気をつけて、頑張りましょう!!

井上明子text by INOUE AKIKO


10月 15

梅田のマクドナルドにて、舞踊班とのミーティング→3役でのミーティング。
参加者はあっこ、ともよ、じょーじ、マリコフ、えーこ、しほ、私ちよ。

まずは舞踊プランの話し合い!
忙しい舞踊3人衆が揃うのは久々のこと、なかなか良い感じにダンス作りの担当が決まったみたいね

次に、昨日の話し合いの内容を伝え、共通理解を深めました。
なんせこれから、11月の渡航にむけて急ピッチでシーンを仕上げなければならないのです!
がんばるがんばるがんばるOh Yeah.(14回生語です)

そのあと、主に今後の予定やら、セットのプランやら、台本の問題点の話し合いやら。
つーか、話せども話せども、いろんな疑問や相談が出てくるのが恐ろしいところ。
やっぱみんな、話し合うしかないで!!一見無駄なように思えるけど、顔を合わせて、自分の意見をぶつけることこそが一番分かり合える方法やと思う。

ちなみに、私が今日ちょっと心に残ったのは、みんなが自分の将来に関しての話をした時。
割と今、みんなが人生の岐路に立ってるから、悩みや痛みは尽きないね。
そういう意味でも、この公演が、みんなの人生でひとつ、マイルストーンになったらいいなと思いました(クサいのは無理やり『旅路』にかけてるからです・笑)。
シーン構成表を片手に何やら考え込む二人
あと、あっこが中国語で台詞を読んでくれました。
みんな!Chineseけっこう強敵やでぇ~!!!!!

シーン構成表を片手に何やら考え込む二人→

神野千代text & photo by KAMINO CHIYO


タグクラウド:
虹路 KOMICHI
このページの先頭へ